> > 大阪に大型蓄電池の試験・評価施設 NITE、国内メーカーの海外展開を支援

大阪に大型蓄電池の試験・評価施設 NITE、国内メーカーの海外展開を支援

記事を保存
大阪に大型蓄電池の試験・評価施設 NITE、国内メーカーの海外展開を支援

NITE(ナイト、独立行政法人製品評価技術基盤機構)は、大阪市と土地の売買契約を締結し、咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設を整備する。

これにより、大型蓄電池の試験・評価のコストと期間を削減し、国内蓄電池メーカーの海外展開を支援する。

太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入が増加するのに伴い、電力系統の安定化に役立つメガワット級の大型蓄電池の需要拡大が予想され、さらに国内蓄電池メーカーによる輸出の増加が見込まれている。しかし、現状では国内に試験・評価施設が整備されておらず、国内蓄電池メーカーが海外展開を図るためには製品を海外の試験・評価機関に持ち込まなければならない場合があり、コスト、納期等への影響が懸念される状況となっている。

このため、大型蓄電池の性能及び安全性に関するグローバルな試験・評価が行える安全性試験設備、振動試験設備等を整備し、産業の国際競争力の強化に貢献する。

本施設の概要は以下の通り。

  • 計画地
    大阪市住之江区南港北1丁目36番
  • 敷地面積
    約26,400平方メートル(約8,000坪)
  • 建物概要
    【主試験室・副試験室】
    建築基準法:耐火建築物、主要構造:RC造、階数:平屋建
    【管理棟兼実験棟(及び付属施設)】
    建築基準法:耐火建築物、主要構造:S造、階数:4階建

なお、管理棟兼実験棟には、NITEがこれまで実施してきた消費生活用製品安全法等に基づく製品事故の原因究明等の業務を行う試験・評価施設をあわせて整備する。

NITEは、日本からの輸出用繊維製品の検査に1928年から携わり、その後も工業品の検査を通して、技術面で輸出品の世界的な信頼性確保を支えてきた。現在の活動分野は、電気機器などの製品安全分野、化学物質の総合管理分野、計量器などの認証を行う機関の認定分野、微生物などの生物遺伝資源の保存と解析・活用分野の4分野。これらの活動によって、国民生活の安全に貢献すると同時に、将来の産業活力の基礎となる確実な技術基盤を構築することを責務としている。

【参考】
NITE - NITEが大阪市咲洲コスモスクエア地区に世界最大級の大型蓄電池の試験・評価施設を整備

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.