> > 群馬県と栃木県で計33MWの太陽光発電所 ケン・コーポレーションが建設

群馬県と栃木県で計33MWの太陽光発電所 ケン・コーポレーションが建設

記事を保存
群馬県と栃木県で計33MWの太陽光発電所 ケン・コーポレーションが建設

ケン・コーポレーション(東京都)とグループ会社は、東京電力管内で計画している出力合計68MWの太陽光発電所新設計画のうち、群馬県嬬恋村及び栃木県那須烏山市の計4カ所、出力合計約33MWの新設工事に着手した。

群馬県嬬恋村では、複数の土地所有者から土地を賃借し、5カ所(最大出力0.7MW~2.4MW)で約8MWの太陽光発電所新設を計画しており、今年7月までに3カ所約4.4MWの新設工事に着手。残りの2カ所についても今年中の着工を予定しており、今年12月以降、5事業所が順次、竣工・運転開始する見込み。

栃木県那須烏山市では、自社所有地及び複数の土地所有者から賃借した土地を活用し、最大出力28.8MWの太陽光発電所の新設工事に着手。2016年3月までの竣工・運転開始を予定している。

 
ケン那須烏山太陽光発電所(イメージパース)

さらに、茨城県日立市においても、自社所有及び複数の土地所有者からの賃借により用地を確保しており、最大出力31.2MWの太陽光発電所の新設を計画している。着工は2015年春の予定。

ケン・コーポレーションとグループ会社は、再生可能エネルギー事業を積極的に展開し、地域社会への貢献を図ると同時に、環境負荷の低いエネルギー供給を通じた地球環境保全への取り組みを進めていきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.