> > 自動車の鉄・プラスチック・ガラス 新リサイクル技術の実証事業4件が決定

自動車の鉄・プラスチック・ガラス 新リサイクル技術の実証事業4件が決定

 印刷 記事を保存

環境省は、6月に公募を行っていた「平成26年度低炭素型 3R技術・システム実証事業」の採択事業が決定したと発表した。

同公募には10件の応募があり、下記の4事業が採択された。

  1. 日本ELVリサイクル機構
    使用済自動車由来のプラスチックリサイクルの促進と効率化の検討
  2. 東京製鐵
    鉄スクラップの自動車部品への高度利用化技術調査
  3. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
    自動車リサイクルにおける素材生産制約物質の低減・資源利用効率の向上に資する解体・破砕プロセスの実証化事業
  4. マテック
    自動車のガラスリサイクルの推進事業

(※全文:620文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.