> > 石川県金沢市、一般廃棄物焼却施設を省エネ化 CO2排出量が年間8%削減

石川県金沢市、一般廃棄物焼却施設を省エネ化 CO2排出量が年間8%削減

 印刷 記事を保存

三菱重工グループの三菱重工環境・化学エンジニアリング(神奈川県/MHIEC)は、金沢市から、一般廃棄物焼却施設「東部環境エネルギーセンター」の基幹的設備改良工事を受注した。処理能力250トン/日のストーカ式焼却炉設備を改修し、延命措置を講じるとともに省エネルギー化を図る。

今回は、余熱利用設備、焼却設備、焼却ガス冷却設備、排ガス処理設備などを対象に、主要機器の更新と改造を行う。また、MHIECが特許を持つ安定燃焼に寄与する「燃焼制御方法」を採用することで、高温燃焼技術や低空気比運転達成により排ガス量を減らして消費電力を削減する。さらに、各種高効率モーターを採用することなどにより省エネ化を図り、CO2排出量を年間8%(約277トン)以上削減する。完成は2017年3月の予定。

(※全文:893文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.