> > ベトナムのきったない排水の浄化に挑戦 日本企業&大学の微生物技術

ベトナムのきったない排水の浄化に挑戦 日本企業&大学の微生物技術

 印刷 記事を保存

環境総合テクノス、クラレアクア、日吉、大阪府立大学は、ベトナム・ダナン市で、水産加工工場における排水処理の水質と施設運営の改善事業を開始する。

環境省の「平成26年度アジア水環境改善モデル事業」において、4者の産学コンソーシアムが共同提案した本事業が採択されたことを受けて実施するもの。

本事業は、水産加工工場をターゲットとした水質改善のモデル事業で、日本企業が持つ排水処理技術により、排水の水質改善および汚泥の減量化(ハード)を図ると共に、排水処理管理技術の指導を行い施設運用管理の改善(ソフト)を図る。ハードとソフトの技術パッケージでコスト削減効果を検証する。

更に本モデル事業を通じて、ベトナムをはじめ広く水質改善を必要とする海外各国への日本の高度な排水処理技術のビジネス導入も検証する。

(※全文:1,162文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.