> > 新開発・高炉スラグ含有「ECMセメント」 製造時エネルギー&CO2を60%削減

新開発・高炉スラグ含有「ECMセメント」 製造時エネルギー&CO2を60%削減

 印刷 記事を保存

竹中工務店、鹿島建設、デイ・シイ、日鉄住金高炉セメントなどのグループは、セメント生産におけるエネルギー消費量と二酸化炭素(CO2)排出量を従来のセメントよりも6割以上削減する「エネルギー・CO2・ミニマム(ECM)セメント」を開発した。

ECMセメントは、鉄鋼製造の副産物である高炉スラグを多量に含有し、焼成不要。成分構成と粒度構成の研究によるセメント技術、建設技術の融合により、これまでの施工と品質上の課題を克服した。ECMセメントを用いたコンクリート構造物は、エネルギー・CO2原単位を30~60%削減することもできる。

(※全文:764文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.