> > 新開発・高炉スラグ含有「ECMセメント」 製造時エネルギー&CO2を60%削減

新開発・高炉スラグ含有「ECMセメント」 製造時エネルギー&CO2を60%削減

記事を保存
新開発・高炉スラグ含有「ECMセメント」 製造時エネルギー&CO2を60%削減

竹中工務店、鹿島建設、デイ・シイ、日鉄住金高炉セメントなどのグループは、セメント生産におけるエネルギー消費量と二酸化炭素(CO2)排出量を従来のセメントよりも6割以上削減する「エネルギー・CO2・ミニマム(ECM)セメント」を開発した。

ECMセメントは、鉄鋼製造の副産物である高炉スラグを多量に含有し、焼成不要。成分構成と粒度構成の研究によるセメント技術、建設技術の融合により、これまでの施工と品質上の課題を克服した。ECMセメントを用いたコンクリート構造物は、エネルギー・CO2原単位を30~60%削減することもできる。

今後、ECMセメントのさらなる性能改善を進めるとともに、基礎構造物(地盤改良、杭)や躯体構造物(建築地下構造物、土木構造物)を中心に、実物件への早期適用を目指す。

今回、ECMセメントの開発において、産業副産物である高炉スラグを約60~70%混合することで、セメントの製造に要するエネルギー消費量の60%以上の削減に成功した。

従来、このような高炉スラグを高含有したセメントの使用には施工と品質上の課題があったが、今回、ECMセメントの成分構成と粒度構成の研究によるセメント技術と、それを使う建設技術との融合により、これらの課題を解決した。また、ECMセメントは、従来の高炉セメントよりも発熱が少なく、熱ひび割れ抵抗性に優れることも特徴。

開発したECMセメントを基礎構造として地盤改良と場所打ちRC杭に、地上躯体としてCFT構造、高強度RC構造および大断面土木構造物に適用可能であることを、地盤改良またはコンクリートの硬化体レベル、さらに構造体レベルでの実験的検討により示した。これらの検証により、コンクリート構造物のエネルギー原単位を従来よりも30~60%削減できることが明らかとなった。

【参考】
NEDO - エネルギー消費とCO2排出を6割以上削減できるECMセメントを開発

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.