> > 中国のレアアース輸出規制 WTO協定違反と確定

中国のレアアース輸出規制 WTO協定違反と確定

 印刷 記事を保存

WTOは、8月7日(ジュネーブ時間)、日本、米国及びEUの申立てに基づきWTOで審理されてきた中国の原材料3品目(レアアース、タングステン、モリブデン)に関する輸出規制について、紛争処理上級委員会の報告書を公表した。

同報告書は、中国の輸出規制について、GATT(関税及び貿易に関する一般協定)第11条1項(輸出数量制限の禁止)及び中国のWTO加盟議定書第11条3項(輸出税の禁止)等に違反するとの日本の主張を全面的に認め、中国にWTO協定に従って措置を是正するよう勧告した。

経済産業省は、本件について、重要資源であるレアアース、タングステン、モリブデンに関して、中長期にわたり市場を歪曲してきた輸出数量制限、輸出税賦課がWTO協定に違反することが確定した重要な判断と説明している。

(※全文:1,362文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.