> > 被災地の防災拠点向け補助金 3回目の公募説明会が8月末に開催

被災地の防災拠点向け補助金 3回目の公募説明会が8月末に開催

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成26年度スマートエネルギーシステム導入促進事業費補助金(スマートエネルギーシステム導入促進事業)について公募を行っており、この度、第3回目の公募説明会を開催することを決定した。

以下の日程で同事業の第3回公募説明会が開催される。なお、説明会の参加には事前の申込が必要。(※説明会の参加が応募の必須条件ではない)なお、説明会への参加申し込みはNEPCの公式ウェブサイト上から行える。

(1)盛岡での開催

2014年8月26日(火)14:00~15:30(受付開始13:30)
岩手県盛岡市紺屋町2-9 盛岡市勤労福祉会館201会議室 定員30名
※申し込み締め切りは8月25日(月)17:00

(2)仙台での開催

2014年8月27日(水)14:00~15:30(受付開始13:30)
宮城県仙台市青葉区一番町1-4-8 ベルエア会館102会議室 定員30名
※申し込み締め切りは8月26日(火)17:00

(3)東京での開催

2014年8月28日(木)14:00~15:30(受付開始13:30)
東京都中央区京橋2-9-2第一ぬ利彦ビル4階 TKP東京駅京橋ビジネスセンターカンファレンスルーム4G 定員45名
※申し込み締め切りは8月27日(水)17:00

(4)福島での開催

平成26年8月29日(金)14:00~15:30(受付開始13:30)
福島県福島市上町4-25 福島テルサ小会議室(しのぶ)定員45名
※申し込み締め切りは8月28日(木)17:00

NEPCは同事業を通じて、スマートエネルギーシステム導入促進を行っている。これは、東日本大震災の被災3県(岩手県、宮城県、福島県)における医療、福祉、教育、鉄道やバスの駅、コンビニエンスストア、スーパーマーケット等の内、災害発生時の防災拠点として機能し得る施設を対象に、再生可能エネルギー設備・蓄電池電気自動車燃料電池等のスマートエネルギーシステムを導入促進させるための補助金政策である。

導入設備によって補助率は異なるが、固定価格買取制度の認定を受けた再生可能エネルギー設備は1/10、認定を受けなかった設備は1/3もしくは1/2以内となる。また、蓄電池の場合は1/3もしくは1/2以内。電気自動車、燃料電池、その他の場合は2/3以内。

【参考】
NEPC - 平成26年度スマートエネルギーシステム導入促進事業費補助金の公募について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.