> > 水を通し光は通さない 太陽光発電設備向けの防草シート

水を通し光は通さない 太陽光発電設備向けの防草シート

 印刷 記事を保存

大建工業は、9月1日より、優れた遮光性で雑草の成長を抑える防草シート「グラスバスター」の販売を本格開始する。太陽光発電施設ほか各種施設など住宅市場外での新規販路の開拓も図る。

防草シート「グラスバスター」は、縦方向約4000本/cm、横方向約2000本/cmの繊維で構成された高密度三層構造の織物で、99.9%以上の光をカットする。高い遮光性で雑草の光合成を抑え、成長を抑制することで、除草処理の手間やコストの軽減を可能とした。遮光性による防草なので、除草剤などに比べ環境面での負荷が低いことを特長とする。

(※全文:1,009文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.