> > 分散設置された太陽光発電システム向けのパワコン スイス企業から発売

分散設置された太陽光発電システム向けのパワコン スイス企業から発売

記事を保存

ABBジャパンは、分散設置に適した日本仕様の高圧太陽光発電設備向け小型パワーコンディショナ「TRIO 27.6kW」を、9月1日より正式に販売開始すると発表した。

主なターゲットは小~中規模発電所(50~300kW程度)。この規模の発電所では、地形や敷地形状などの観点で発電に不利な用地に、太陽光発電パネルを分散して設置するケースが増えつつある。本製品は主に分散設置方式の発電設備を想定。本方式では設置時の重機不要などのメリットのほか、本製品は一台あたり2つのMPPT(最大電力点追従)の搭載によるMPPT分散化で、発電状態の最適化を図ることができる。

製品画像:TRIO 27.6kW

製品画像:TRIO 27.6kW

本製品は、1000V対応の高効率(98.2%)、IP65、塩害対応のほか、フィルムコンデンサや自然空冷方式の採用により長寿命化、ほぼメンテナンス・フリーを実現した。そのため製品保証は標準で10年、最大で20年。

さらに、設備全体としてのダウンタイムリスク低減も、本方式の非常に大きなメリットのひとつとしてあげている。なお、300kW以上の中~大規模の発電設備でも、種々の条件によりコストメリットが期待できるケースも十分に考えられるため、これらの設備に対しても最適なシステムの提案を行っていく。

現在、欧米を中心に分散設置方式の採用が増えつつある。TRIOシリーズは国内導入に先立ち、既に世界各地で10万台以上の導入実績を有しており、その経験を活かしたサポートメニューも確立している。ABBジャパンは本製品を新たにラインアップに加え、引き続き、顧客の投資効率への最大限の貢献をしていく考えだ。

ABBは、スイスに本社を置く重電メーカーで、世界約100カ国で事業を行っている。その日本法人であるABBは、日本市場における直流1000Vソリューションのパイオニアとして、国内において事業を展開している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.