> > HEMSの大規模情報基盤構築、国内企業20社で実証事業へ

HEMSの大規模情報基盤構築、国内企業20社で実証事業へ

 印刷 記事を保存

NTT東日本、KDDI、ソフトバンクBB、パナソニックを幹事企業とする計20社から成るコンソーシアムが、経産省の「大規模HEMS情報基盤整備事業」において採択された。同実証事業で、国内のHEMS (Home Energy Management System)普及促進に取り組む。

同事業は、一般家庭へのHEMSの普及・促進を民間企業がリードし、多数のHEMS を一元的にクラウド管理し、電力利用データの利活用を推進する目的で行われる。予算は40.3億円。同事業の実施期間は、2014年9月から2016年3月まで。

まずは対象エリアから一般家庭約1万4千世帯をモニターとして募集し、2015年3月までにモニター住宅へHEMSを設置する。

(※全文:685文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.