> > CO2を化学品合成に使える新触媒発見 貴金属使わずコストも99%カット

CO2を化学品合成に使える新触媒発見 貴金属使わずコストも99%カット

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所は、分子状ニッケル化合物を用いてCO2(二酸化炭素)を資源化し、多種多様な化学品を合成するための基盤となる反応の触媒を開発したと発表した。触媒コストは従来の100分の1以下で、貴金属に代わる安価な触媒として、機能性アルコールなどの各種機能性化学品の合成プロセスへの応用と普及が期待される。

今回、研究チームが開発したのは、CO2を水素化し化学原料として有用な一酸化炭素(CO)に変換する反応(逆水性ガスシフト反応)の触媒活性を持つニッケル錯体触媒。従来、この反応の触媒にはルテニウムなどの貴金属が必須だったが、安価なニッケルを挟み込むように設計した分子(ピンサー型配位子)を用いて、非貴金属であるニッケルでも反応を進行させることに成功した。

(※全文:1,004文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.