> > 水ing、東北の下水処理場で消化ガス発電事業 水処理のノウハウ活かす

水ing、東北の下水処理場で消化ガス発電事業 水処理のノウハウ活かす

記事を保存
水ing、東北の下水処理場で消化ガス発電事業 水処理のノウハウ活かす

総合水事業会社の水ing(東京都)は、山形県鶴岡市と、鶴岡浄化センター消化ガス発電事業の基本協定を締結したと発表した。

同社は鶴岡浄化センター内に、消化ガス発電設備(発電容量300kW、ガスエンジン25kW×12台)を建設し、下水処理工程で発生する消化ガスを鶴岡市から購入し、これを燃料として発電を行う。年間の発電量は約2,000,000kWh(一般家庭約560世帯分)を見込んでいる。発電された電力は固定価格買取制度により売電する。事業期間は、2015年10月から20年間。

完成予想図

完成予想図

また、同事業では、発電と同時に発生する温水を鶴岡市に返送して消化槽の加温に用いるなど、下水処理との連携を要とする工程も多くあり、汚泥ソリューション技術など、同社の経験と実績により培ってきたノウハウが随所に活かされる。


鶴岡市では、同事業における消化ガスの売却が、新たな財源確保につながり、老朽化が懸念される下水道インフラの適正な更新などを行っていく予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.