> > 水ing、東北の下水処理場で消化ガス発電事業 水処理のノウハウ活かす

水ing、東北の下水処理場で消化ガス発電事業 水処理のノウハウ活かす

 印刷 記事を保存

総合水事業会社の水ingは、山形県鶴岡市と、鶴岡浄化センター消化ガス発電事業の基本協定を締結したと発表した。

同社は鶴岡浄化センター内に、消化ガス発電設備(発電容量 300kW、ガスエンジン25kW×12台)を建設し、下水処理工程で発生する消化ガスを鶴岡市から購入し、これを燃料として発電を行う。年間の発電量は約2,000,000kWh(一般家庭約560世帯分)を見込んでいる。発電された電力は固定価格買取制度により売電する。事業期間は、2015年10月から20年間。


(※全文:412文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.