> > 国内の太陽電池出荷量、海外メーカー製が3割超える

国内の太陽電池出荷量、海外メーカー製が3割超える

記事を保存

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)は、太陽電池の日本における2014年度4~6月(第1四半期)の出荷量を調査した結果を発表した。

同期における太陽光モジュールの国内出荷量は、前年同期比14%増の188万2,028kWだった。うち、海外メーカーの製品の比率は31%で、2013年度の29%より2ポイント増加した。

国内出荷量を用途別にみると、住宅用が前年同期比14%減の49万3,478kW、非住宅用が同62%増の138万8,305kW。非住宅用の内訳をみると、発電事業(売電を目的とした500kW以上の出力の発電装置)が同45%増の65万7,144kW、一事般業(オフィス、工場、学校、病院, 役所、公共施設等(500kW未満の地上設置を含む)が71%増の138万8,305kWとなっている。

なお、日本における同期のモジュール総出荷量は2,008MWで、前期比28%減、前年同期比21%増となった。日本企業のモジュール総出荷量は1,390MWで前期比30%減、前年同期比108%であった。

その内訳をみると、日本企業/外国企業の比は7:3、国内生産/海外生産の比は4:6で、2013年度通期の値からの大きな変動はなかった。

モジュールの輸出量は増加したが、全出荷量の2%未満となっている。モジュールの出力別では200~300Wが約75%を占めた。

モジュール総出荷量をモジュール別にみると、Si単結晶が前年同期比32%増、Si多結晶が同10%増、その他が同40%増となっている。

【参考】
JPEA - 日本における太陽電池出荷統計 2014 年度第1四半期

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.