> > 日本IBMとエプコ、電力小売事業者向けの管理システム開発へ 10月提供予定

日本IBMとエプコ、電力小売事業者向けの管理システム開発へ 10月提供予定

記事を保存

エプコと日本アイ・ビー・エム(IBM)は、エプコのアプリケーションおよびサービスとIBMが提供する情報基盤とを接続し、エネルギー・マネジメントやくらし支援分野で協業することに合意した。これは、電力小売分野でのエネルギー・サービス市場の拡大とHEMS等のデータの利活用による新規ビジネス創出とそうした事業者への支援を目的としたもの。

今回の協業では、まずエプコのアプリケーションサービス「ぴぴパッ!」とIBMのサービス・デリバリー・プラットフォーム(SDP)の接続仕様の検討、接続検証を行い、電力小売事業参入企業のクイックな事業開始を可能とする情報基盤と業務がそろうパッケージ「電力小売事業者向けユーティリティサービス(仮)」を10月に提供開始する予定。

両社は今後、HEMSのデータや天候情報、可能な節電方法とこれまでの対応パターンと実績など生活者の状況に応じた個別の節電アドバイスや見守りサービス等、ワン・ツー・ワン(One to One)でのコミュニケーションを確立していく。大規模な展開で個客ごとのコミュニケーションを可能とするキャンペーン機能を個客セグメンテーションに活用する。また、「ぴぴパッ!」の機能拡張にIBMの次世代クラウド・プラットフォームである「IBM® Bluemix」の環境を活用していく。

主な提供対象は、電力小売自由化を見据え電力事業に参入する事業者やデマンドサイド・マネジメントを提供する住宅関連事業会社や電力供給事業者、エネルギー関連サービス事業者、および自治体など。

エプコは、住宅関連事業会社に住宅物件ごとの設備設計、家歴管理、アフターメンテナンや24時間365日受付けるコールセンター等サービスを提供している。「ぴぴパッ!」は、今年6月にエプコが取得したアルゴリズム特許を活用(気象予測・消費予測・買電予測・蓄電池制御・太陽光発電予測をもとに節電目標を立てて、節電アドバイスを受けながら快適に経済的な暮らしを実現)した、節電と快適生活をサポートするWEBサービス。また、ECHONET Liteのソフトウェア認証を取得しており、ベンダーに関係なくECHONE TLiteに対応した機器の制御が可能。

IBMのSDPは、仕様の異なる複数のBEMSやHEMS等の機器のデータを統一的なフォーマットで収集・保管し、サービスプロバイダーにAPIを提供することでBEMSやHEMS等のデータ利活用を促進するオープンなプラットフォーム。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.