> > 岩手県、「相去太陽光発電所」の電力を売却 落札価格は38.80円/kWh

岩手県、「相去太陽光発電所」の電力を売却 落札価格は38.80円/kWh

記事を保存

岩手県は、「相去太陽光発電所」(岩手県北上市)の発電電力の売却について9月1日に一般競争入札を行い、日本ロジテック協同組合(東京都)が落札したと発表した。落札価格は38.80円/kWh(税抜)。入札参加者数は3者。

日本ロジテック協同組合は、特定規模電気事業者(PPS)として、電力の共同購買、電気事業に係る発電所建設に関する債務の保証などを行っている。

なお、落札者との契約締結後、「競争入札及び随意契約の情報の公表に係る要綱」に基づいて、岩手県ホームページ、行政情報センター及び盛岡行政情報サブセンターにおいて入札調書が公表される。入札調書には、入札参加者名及び全入札者の入札価格(1kWh当たりの単価)が表示される。

【参考】
岩手県 - 【入札結果】「相去太陽光発電所発電電力の売却」に係る落札者の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.