> > 山口県のバイオマス・石炭混焼発電所、環境影響評価スタート

山口県のバイオマス・石炭混焼発電所、環境影響評価スタート

記事を保存

エア・ウォーター(大阪府)と中国電力(広島県)は、山口県防府市のエア・ウォーター防府工場内において共同建設の検討を進めている「バイオマス・石炭混焼発電所」について、山口県環境影響評価条例に基づく環境影響評価の検討を開始する。

同発電所の発電出力は約10万kW(送電端)。使用燃料は石炭、木質系バイオマス。木質系バイオマスは、山口県内で生産される間伐材等の未利用木材や竹材、さらには海外の木質系バイオマスの利用も想定している。

未利用木材や竹材については、山口県森林組合連合会などから調達する予定。平成26年度中に環境影響評価に着手し、平成30年度の営業運転開始を目指す。

同計画は、バイオマス発電の導入により、再生可能エネルギーの普及拡大に寄与するとともに、エア・ウォーターにおいては、事業用等の電源の確保および遊休地の活用につながるもの。

【参考】
中国電力 - バイオマス・石炭混焼発電所建設計画に係る環境影響評価の検討開始について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.