> > 廃棄物処分場など大規模な廃水処理向けの装置 アンモニア性窒素を無害化

廃棄物処分場など大規模な廃水処理向けの装置 アンモニア性窒素を無害化

 印刷 記事を保存

日立パワーソリューションズは、廃棄物最終処分場などの大規模な廃水処理に対応し、外的環境に影響を受けることなく、安定的に効率良くアンモニア性窒素を無害化する装置を開発し、10月1日から販売を開始する。

本装置は、廃棄物最終処分場で発生する浸出水中に含まれるアンモニア性窒素を電気分解によって処理する装置。浸出水とは廃棄物に接触することにより、廃棄物中の有害成分が溶出して汚染された雨水をいう。

(※全文:913文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.