> > 「お~いお茶」製造時の茶殻、リサイクルされ運搬用パレットになる

「お~いお茶」製造時の茶殻、リサイクルされ運搬用パレットになる

 印刷 記事を保存

伊藤園は、同社「お~いお茶」の茶殻をリサイクルした「茶殻入りパレット」を開発し、お茶の原材料を飲料工場へ運搬する際のパレットなどとして順次使用すると発表した。

茶殻入りパレットは、「お~いお茶」を製造した後の茶殻を「ウッドプラスチック」に配合することで、「茶殻のリサイクル」「天然素材である木質の利用」「プラスチックの使用量削減」を実現した環境に優しいパレット。1枚あたり「お~いお茶」525mlペットボトル約100本分の茶殻を配合することにより、約994g-CO2の茶樹由来の炭素分(二酸化炭素換算)が固定されている。また、曲げ強度が強く、温度による変形(寸法変化)が少ないため、長期間繰返し使用する用途に適している。

(※全文:1,002文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.