> > 太陽電池の不良品(マイクロクラック)を検査するサービス登場

太陽電池の不良品(マイクロクラック)を検査するサービス登場

 印刷 記事を保存

プランは、太陽電池モジュールを購入・販売する企業などに代わって、ヒビや割れなどの不良品が混入していないか初期の段階で検査するマイクロクラック検査代行サービスを開始した。

マイクロクラックとは、肉眼では確認できない小さなヒビのこと。同社のマイクロクラック検査代行サービスは、太陽電池に電流をかけると発光する現象を利用して、マイクロクラックなどの目視では確認できない微小のヒビを、経験の積んだ専門スタッフによる厳しい検査で不良の有無を確認する。

(※全文:592文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.