> > めざせ変換効率95%! 東北2企業、フランシス水車の共同開発スタート

めざせ変換効率95%! 東北2企業、フランシス水車の共同開発スタート

記事を保存
めざせ変換効率95%! 東北2企業、フランシス水車の共同開発スタート

芦野工業(山形県)と東北小水力発電(秋田県)は、フランシス水車の高効率化(発電出力~10,000kW)に関する共同研究開発を行う。

開発目標は水車変換効率95%。随時、性能向上モデルを販売し、平成29年3月に最終開発目標達成を目指す。開発された水車は、両社のブランドにてそれぞれ販売。山形県・秋田県内の水力発電施設に限らず、全国展開を図る計画。

具体的には、固定価格買取制度による新設発電所や全国約1,900カ所ある既存発電所の老朽化更新や発電出力アップを目的としたリパワーによる水車の更新を想定している。5年後の年間販売目標はそれぞれ10台、年間販売金額はそれぞれ20億円。

芦野工業の水力発電機器の開発・設計・機器製造・施工・保守技術やノウハウ、実績と、東北小水力発電の世界有数のコンピュータ流体解析ソフトを活用した水車開発技術をいかし、フランシス水車の性能向上と低コスト化を目指す。

なお、「フランシス水車」は、100年以上の歴史があり、現在国内の水力発電所で最も多く採用されている水車の種類。

小水力発電は、長期間で低廉なコスト、負荷追随性、系統安定に対する貢献等の優れた特質を有しており、エネルギーセキュリティ確保の面からも重要な役割を果たしている。しかし、未開発の小水力発電適地が1,330万kW(原発13基分)もあり、小水力発電のさらなる普及や、高効率化・新技術による低コスト化等が必要となっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.