> > オバマ氏「中国とアメリカがリードすべき」 気候サミットでCO2削減への投資を表明

オバマ氏「中国とアメリカがリードすべき」 気候サミットでCO2削減への投資を表明

 印刷 記事を保存

国連気候サミットが9月23日、ニューヨーク・国連本部で開催され、計178カ国・地域の首脳及び閣僚(スピーカーズリストによる)が参加した。

演説に立ったオバマ米大統領は、クリーンエネルギーに対して野心的な投資をして、C02の削減に取り組むことをアピール。また、世界の二大経済国である中国とアメリカが、CO2削減で世界をリードしていく責任があると述べた。途上国の気候変動問題に対応するために、新たな官民パートナーシップを開発するなど、新たな取り組みについても発表した。

日本からは安倍総理が出席し、スピーチ及び参加した会合において、地球温暖化対策に関するこれまでの実績と途上国支援、技術革新・普及をはじめとする新たな貢献策を発表した。スピーチでは、今後3年間で気候変動分野で1万4千人の人材育成すること/省エネルギーの国際的なハブを東京に設置するとともに、二国間クレジット制度を着実に実施し世界の温室効果ガス削減に貢献すること/日本はCOP19の決定も踏まえ、約束草案を出来るだけ早期に提出することを目指すこと等を強調した

本サミットの概要は以下の通り。

(※全文:1,538文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.