> > 最新レポート 「世界中の省エネ対策が機能すればGHG排出を半減できる」

最新レポート 「世界中の省エネ対策が機能すればGHG排出を半減できる」

 印刷 記事を保存

都市・気候変動国連特使のマイケル・R・ブルームバーグ氏とC40(シーフォーティ)世界大都市気候先導グループ(以下、C40)議長でリオデジャネイロ市長のエドアルド・パエス氏は24日、新しい調査研究報告書を公表した。

本レポートでは、すべての都市で行われている気候変動対策の潜在的な能力を初めて定量化した。これにより、すべての都市で行われている気候変動対策努力の影響は、世界の年間の石炭使用量を半分以上削減するポテンシャルを有すること、また、この都市の潜在力を考慮に入れることで、各国はより高いGHG削減目標設定を行うことができると指摘する。

(※全文:850文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.