> > 三菱レイヨン、排水処理用の新しい中空糸膜製品 厚み半分で省エネ化

三菱レイヨン、排水処理用の新しい中空糸膜製品 厚み半分で省エネ化

 印刷 記事を保存

三菱レイヨン(東京都)は、膜分離活性汚泥法向け中空糸膜の新たな「エレメント/モジュール」の販売を9月より開始する。

同製品は、中空糸膜形状の改良により、従来品よりも高集積に中空糸膜を充填でき、さらなる省スペース化を実現した。また、エレメントの厚みを従来品の1/2以下にすることで、低ばっ気量でも高いスクラビング洗浄効率を得られるため、電力消費量の削減が可能となった。さらに、同社独自の製膜技術により中空糸膜表面・内部構造を改良し、膜閉塞の低減が実現され、薬品洗浄頻度を削減できる。

(※全文:629文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.