> > 太陽光を2000倍集光! IBMの新型太陽光発電・太陽熱利用システム

太陽光を2000倍集光! IBMの新型太陽光発電・太陽熱利用システム

 印刷 記事を保存

米IBMは、スイスのAirlight Energy社と共同で、太陽光を2,000倍集光し、その80%を有用なエネルギーに変換することができる、高効率な冷却熱利用型超高集光太陽電池システム(HCPVT)を開発し、2017年までに商用機を市場に投入すると発表した。

本システムは晴天であれば12kWの電力と20kWの熱を生み出すことができ、これは複数の平均的な家庭が必要とする電力に相当する。

このシステムのは高さ10m。内部に36枚の楕円形の鏡を敷き詰めた、40平方メートルのパラボラ状の反射器台座で集光する。また、高精度太陽追尾システムにより、パラボラ反射器は常時太陽光を取り込むのに最適な角度に向けられる。

(※全文:1,456文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.