> > LIXIL、太陽光発電を10kW標準搭載した新築住宅を発売 全量売電可能

LIXIL、太陽光発電を10kW標準搭載した新築住宅を発売 全量売電可能

記事を保存
LIXIL、太陽光発電を10kW標準搭載した新築住宅を発売 全量売電可能

LIXIL住宅研究所 フィアスホームカンパニー(東京都)は、太陽光発電システム10kW超を標準搭載し、固定価格買取制度で全量売電できる高気密・高断熱住宅「アリエッタSL」を発売する。

「アリエッタSL」は、今年7月発売の「アリエッタ」の基本仕様である、北海道における次世代省エネ基準を超えるQ値1.59W/平方メートルの高断熱性能、高効率熱交換換気システムにより室内汚染物質を排除する健康仕様、繰り返しの地震に強い制震システム「粘震+eパネル」を標準搭載している。

加えて10kW超の大容量太陽光発電システムを標準搭載するため、固定価格買取制度の活用で、同社では20年間で800万円を超える売電収入が見込めると試算している。なお、37.07坪の「アリエッタSL」建物本体参考価格は2,680万円(税込)。

また、「Qセルズ社の太陽光発電システムを使用する」、「クレジット契約を日立キャピタル社と締結する」などの条件を満たすことで、太陽光発電システムの導入費用が実質負担0円になる「フィアスホームのお得な発電」キャンペーンなども実施している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.