> > 環境省、気候変動対策などを議論するシンポジウム開催

環境省、気候変動対策などを議論するシンポジウム開催

記事を保存

環境省は、シンポジウム「気候変動に関する最新の科学的知見~IPCC第5次統合報告書に向けて~」を開催致する。共催は地球環境戦略研究機関(IGES)。

同シンポジウムは二部構成で、第一部では2014年10月末に完成予定の、気候変動政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)の内容を広く周知するために、世界の第一線で活躍する日本人研究者が、AR5の概要および最新の知見を分かりやすく説明する。さらに、国内外の気候変動対策(海外有識者よるAR5を踏まえた自国における気候変動への取組みなど)を紹介する。

第二部では、第一部の登壇者を交えて、今後の気候変動対策や国際協力の在り方などについてパネルディスカッションを行う。

開催日時は2014年10月21日(15時30から17時30)、会場は全社協・灘尾ホール(新霞が関ビル内)。定員100名、参加費無料。参加はウェブサイトからの事前申し込みが必要(申し込み締め切りは10月16日まで)。

概要は下記のとおり。

第一部

講演1「アジアの気候変動影響に関して(仮)」

三村 信男 茨城大学学長

講演2「アジアの低炭素社会実現について(仮)」

増井 利彦 社会環境システム研究センター(統合評価モデリング研究室)室長

講演3「自国における気候変動への取組み(仮)」

海外有識者(予定)

第二部

パネルディスカッション「IPCC AR5を受け今後の気候変動対策を考える(仮)」

  • ファシリテーター
    IGES 岩藤 俊幸 統括研究ディレクター
  • パネリスト
    第一部の登壇者、遠藤 功 IGES自然資源・生態系サービス領域適応タスク タスクマネージャー

フロア(参加者)との質疑応答


IPCCは、人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行う組織。気候システムの顕著な温暖化と、温室効果ガス排出量の大幅かつ持続的な削減が気候変動を抑制すると強調している。

環境省 - シンポジウム「気候変動に関する最新の科学的知見~IPCC第5次統合報告書に向けて~」の開催について(お知らせ)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.