> > 東京ガス、神戸製鋼と電力供給に関する契約を締結

東京ガス、神戸製鋼と電力供給に関する契約を締結

記事を保存

東京ガスは、神戸製鋼が建設予定の神鋼真岡発電所において発電する電力に関して、2014年3月31日に締結した基本合意書に基づき、ガスと電力を供給し合う契約を締結した。

神鋼真岡発電所は、神戸製鋼が現在、栃木県真岡市において建設準備を進めている天然ガス火力発電所。発電能力120万kW(60万kW級×2基)を有するガスタービンコンバインドサイクル方式の天然ガス火力発電所であり、2019年後半に1号機、2020年前半に2号機の運転開始を目指している。

東京ガスは、2015年度稼働開始を目指し「茨城~栃木幹線」(茨城県日立市~栃木県真岡市、約84km)を建設中であり、今回の契約をもって発電所の運転開始から15年間にわたり同発電所に都市ガスを供給することを決定した。また、東京ガスは同様に15年間、同発電所で発電した電力の供給を受ける予定。なお、この電力の使途は未定。

東京ガスは、「チャレンジ2020ビジョン」で、天然ガスの普及・拡大とともに、国内発電事業について2020年までに300~500万kW(他社持分含む)に拡大することを掲げており、本件はその一環となる。東京ガスは、今後も、安定的かつ効率的なエネルギーの供給に貢献していく構えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.