地熱バイナリー発電は九電ショック回避 ジオネクスト、鹿児島県の計画を再決議

  • 印刷
  • 共有

ジオネクスト(東京都台東区)は、1日、九州電力が再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答を保留すると公表したことを受けて、延期していたバイナリー発電機2台の取得を再決議したと発表した。

同社が各方面からの情報収集を行ったところ、バイナリー発電は、太陽光発電とは異なり24時間安定した電力供給が可能でありベース電源としての期待も高い発電方式であるため、今後もその位置づけに変化はなく、九州電力の発表が同社の再生エネルギー事業計画に与える影響は軽微であると判断した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報