> > 産総研など、レアメタル不使用・低毒性元素の熱電変換材料を開発

産総研など、レアメタル不使用・低毒性元素の熱電変換材料を開発

 印刷 記事を保存

広島大学と産業技術総合研究所は、天然の硫化銅鉱物コルーサイトに倣った、レアメタルレスで低毒性元素が主成分の熱電変換材料を開発したと発表した。本成果は熱電発電の大規模化に資すると期待される。

本研究チームは、天然硫化銅鉱物の一種コルーサイトと同じ結晶構造の人工鉱物Cu26V2M6S32(M=Ge,Sn)を合成し、400度付近で高い熱電変換性能を示すことを発見した。この物質は、低毒性で地殻中の埋蔵量が豊富なCu(銅)、Sn(スズ)、S(硫黄)を主成分としているため、レアメタルレスの熱電変換材料といえる。この新しい熱電人工鉱物の発見は、環境負荷の低い高効率熱電発電の実現に大きく寄与するものと期待される。

(※全文:1,606文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.