> > 『ファインバブル』で養豚場の悪臭・汚水問題を解決 電気代も75%カット

『ファインバブル』で養豚場の悪臭・汚水問題を解決 電気代も75%カット

 印刷 記事を保存

環境汚染に関する調査・分析・モニタリングサービスを展開するグリーンブルー(神奈川県)は、富喜製作所(埼玉県)と共同で、養豚施設から発生する悪臭や汚水を、低コストで大幅に低減させるシステムを開発した。

同システムは、グリーンブルーが開発した温室効果ガス等を連続で自動サンプリングする装置「AGSS(アグス)」と、富貴製作所のオリジナル製品で糞尿を高度に浄化する働きを持つファインバブル発生装置「ミクロスター」を組み合わせたもの。

(※全文:1,300文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.