泉南アスベスト訴訟、国側が敗訴 屋内での局所排気装置に責任

  • 印刷
  • 共有

最高裁判所は、9日、大阪府南部泉南地域におけるアスベスト(石綿)被害を巡る訴訟で、国の責任を認める判決を言い渡した。

本判決では、国の規制権限不行使について、国が1958年時点で、局所排気装置の設置を義務付けなかったことは国家賠償法1条1項の適用上違法であると認定して、国の責任を認めた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事