> > 小田原市・神戸市・屋久島町など5地域 創蓄省エネ化モデル事業の対象に

小田原市・神戸市・屋久島町など5地域 創蓄省エネ化モデル事業の対象に

記事を保存
小田原市・神戸市・屋久島町など5地域 創蓄省エネ化モデル事業の対象に

平成25年度に採択された地区のひとつ、安芸市では、市内交通と連携するLEVの導入、
モビリティマネジメントシステム、エネルギーマネジメントシステムなどの整備が提案された
(※こちらをクリックすると拡大します。)

国土交通省は、平成26年度「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業」の採択結果を発表した。

今回採択されたのは「小田原~中里地区~(神奈川県)小田原市」「松本市~四賀地区~(長野県)松本市」「大阪市~うめきた2期区域(大阪府)大阪市」「神戸市~中央区三宮地区~(兵庫県)神戸市」「屋久島町(鹿児島県)高効率建築研究所」の5地域。(実施地域、提案者、代表団体名の順)。

採択された地域は、「創蓄省エネルギー化の部局横断的推進とコンシェルジュ(総合窓口)の開設」と「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル構築支援事業の実施」の2つについて支援される。モデル構築支援事業の実施においては、全国から企画提案を募集し、採択された提案は有識者ならびに国土交通省が委託する外部専門機関(株式会社日本総合研究所)による助言等の支援が無償で受けられる。

国交省は、国民生活・経済に密接に関わる広範な所掌分野において、現場力・即応力・統合力を最大限発揮することで、まち・住まい・交通の「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」化に向けた地域・事業者の先駆的な取り組みを総合的に支援している。

【参考】
国土交通省 - まち・住まい・交通 創蓄省エネルギー化の総合的な支援について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.