日本「船舶バラスト水規制管理条約」に加入、10月から事業者向け説明会

  • 印刷
  • 共有

国交省は、「2004年の船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(船舶バラスト水規制管理条約)へ10月10日に加入したと発表した。

現在41ヶ国がこの条約を締結しており、商船船腹量は約30.25%。日本(商船船腹量約1.76%)が加入することにより締約国数は42ヶ国、商船船腹量は約32.01%となる。同条約は、30以上の国であって、その商船船腹量の合計が総トン数で世界の商船船腹量の35%に相当する商船船腹量以上となる国が締約国となった日の後12ヶ月で効力を生ずることとなっている。日本でも同じ日に効力を生じる予定。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報