> > 日本「船舶バラスト水規制管理条約」に加入、10月から事業者向け説明会

日本「船舶バラスト水規制管理条約」に加入、10月から事業者向け説明会

 印刷 記事を保存

国交省は、「2004年の船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(船舶バラスト水規制管理条約)へ10月10日に加入したと発表した。

現在41ヶ国がこの条約を締結しており、商船船腹量は約30.25%。日本(商船船腹量約1.76%)が加入することにより締約国数は42ヶ国、商船船腹量は約32.01%となる。同条約は、30以上の国であって、その商船船腹量の合計が総トン数で世界の商船船腹量の35%に相当する商船船腹量以上となる国が締約国となった日の後12ヶ月で効力を生ずることとなっている。日本でも同じ日に効力を生じる予定。

国交省は、10月13日から17日まで開催される国際海事機関(IMO)の「第67回海洋環境保護委員会」において、同条約の重要性とともに、早期に発効するよう未締約国に対し呼びかけを行う。また、10月から11月にかけて全国各地でバラスト水の規制に関する説明会を開催し、事業者への周知に努める予定。

(※全文:1,102文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.