> > 広島県の下水汚泥のバイオマス化事業 年間4,570tの固形燃料を生成

広島県の下水汚泥のバイオマス化事業 年間4,570tの固形燃料を生成

 印刷 記事を保存

新日鉄住金エンジニアリングは、同社を代表企業とする共同企業体を日本メンテナスエンジニヤリング及び水光エンジニアと設立し、芦田川浄化センター(広島県福山市)内で行う「下水汚泥固形燃料化事業」の事業契約を広島県と締結した。

同事業は、バイオマス資源である下水汚泥から固形燃料化物(ペレット)を製造し、バイオマスエネルギーとして有効利用することで、下水汚泥の資源化を促進させるとともに、温室効果ガス削減による地球温暖化防止に資することを目的としたもの。

(※全文:783文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.