> > 東京都、スマートシティの実現に向け補助事業の募集説明会を開催

東京都、スマートシティの実現に向け補助事業の募集説明会を開催

記事を保存

東京都環境公社は、東京都がスマートエネルギー都市の実現に向け、今年度から新たに実施している3つの補助事業の募集説明会を11月18日に開催する。

今回開催するのは、集合住宅に導入するMEMSの費用を補助する「スマートマンション導入促進事業」、ガスコジェネレーションシステム等を中小医療・福祉施設に設置するESCO事業者等にその費用を補助する「中小事業所向け熱電エネルギーマネジメント支援事業」、中小企業者等に対して外部給電が電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHV)の導入を補助する「分散型電源として活用可能な次世代自動車の普及促進事業」の募集説明会。

開催場所は東京都環境公社(東京都墨田区)。定員はいずれも45名(先着順)。説明会への申込期限は11月17日(月)。但し、定員に達し次第、締め切りとなる。申込み方法等、詳細については、東京都環境公社のウェブサイトを参照のこと。

募集説明会の概要等は以下の通り。

スマートマンション導入促進事業

  • 日時
    11月18日(火) 10:30分~11:30分(内容は7月開催時とほぼ同じ)
  • 対象
    主に、アグリゲータ事業者向けの説明となるが、MEMSを設置される管理組合代表者や建築主の参加も可能。
  • 補助事業の内容
    都内集合住宅を対象に、国による補助金の交付決定を受けたMEMS(マンションのエネルギー管理システム)の導入に対して、その経費の一部を補助し、集合住宅のエネルギー管理を促進する。MEMSアグリゲータの行うエネルギー管理支援サービスを活用して、建物全体(集合住宅の部分)の電力消費量を10%以上削減するよう努めること等の交付条件がある。

中小事業所向け熱電エネルギーマネジメント支援事業

  • 日時
    11月18日(火) 13:30~15:30(第2回申請受付の内容)
    *第2回募集申請受付開始:平成26年11月18日(火)から
  • 補助事業の内容
    創エネルギー機器等(ガスコージェネレーションシステム(必須要件)、太陽光発電設備及び蓄電池設備(売電を目的にしない)、LED照明器具、空気調和設備)を中小医療・福祉施設に設置するESCO事業者等に対して、その経費の一部を助成し、エネルギー利用の効率化・最適化を推進する。

分散型電源として活用可能な次世代自動車の普及促進事業

  • 日時
    11月18日(火) 16:00~17:00(内容は7月開催時とほぼ同じ)
  • 補助事業の内容
    外部給電が可能な次世代自動車(EV・PHV)を導入する中小企業者等に対して、その経費の一部を助成することにより、温暖化対策に加え、都市のエネルギーマネジメントや非常用電源として防災性に寄与する。

【参考】
東京都環境公社 - スマートエネルギー都市の推進に向けた補助事業の募集説明会を開催します

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.