> > 愛知県一宮市、廃棄物埋立地で太陽光発電を行う事業者を募集

愛知県一宮市、廃棄物埋立地で太陽光発電を行う事業者を募集

 印刷 記事を保存

愛知県一宮市は、一宮市光明寺処分場(一般廃棄物埋立処分場)の一部を太陽光発電事業者に貸付けるための一般競争入札を実施する。

貸付物件の総面積は1万1,227平方メートル。貸付期間は電気の受給開始から20年間(太陽光発電設備の撤去期間を含む)で、最低貸付額は総額で22,454,000円。

落札した事業者は、当該の敷地が埋め立て処分場であることから、掘削等の行為に制限があることに留意し、発電設備の設置工法を検討の上、その内容が分かる資料を提出した上で市の承諾を得る必要がある。

(※全文:545文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.