> > 福岡県に九州初の商用水素ステーション 岩谷産業が兵庫県に続き2カ所目

福岡県に九州初の商用水素ステーション 岩谷産業が兵庫県に続き2カ所目

記事を保存
福岡県に九州初の商用水素ステーション 岩谷産業が兵庫県に続き2カ所目

岩谷産業は、福岡県北九州市に九州初となる商用の水素ステーション「イワタニ水素ステーション 小倉」を完成させた。

同ステーションの供給方法は、同社の水素製造拠点である岩谷瓦斯 佐賀工場(佐賀市)から輸送した圧縮水素を利用し、燃料電池自動車(FCV)に供給する「オフサイト方式」、充てん方式は、蓄圧器とFCVなどの車載水素タンクとの圧力差で圧縮水素を充てんする「差圧充てん」を採用。ドイツ・リンデ社製の水素圧縮機を使用している。

供給能力は340Nm3/h(1時間当たり6台の満充てんが可能)。充てん圧力は70MPa=700気圧。充てん時間は3分以内/台(空から満充てんまで)。ホームエネルギー九州 小倉センター内に設置され、敷地面積は530.3立法メートル(約160坪)。

水素エネルギー社会の到来を見据え、2011年に自動車メーカー3社と岩谷産業を含むエネルギー企業10社の合計13社が「2015年の燃料電池自動車の一般発売開始と水素ステーション100ヶ所の先行整備」に関する共同声明を発表した。同社は、2015年度までに東京、名古屋、大阪、福岡の4大都市圏を中心に、20ヶ所の商用水素ステーションを自社設置することを表明し、順次建設を進めている。

同ステーションは、7月に開業した「イワタニ水素ステーション 尼崎」に次いで2番目、九州で初めての商用水素ステーションとなる。

システムフロー

システムフロー

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.