> > 東京・石神井公園の分譲マンション、エネファームを全戸搭載 CO2排出約半分

東京・石神井公園の分譲マンション、エネファームを全戸搭載 CO2排出約半分

 印刷 記事を保存

サンケイビルは、分譲マンション「ルフォン石神井公園」(竣工予定は2015年5月末)に、東京ガスの家庭用燃料電池(エネファーム)のマンション向け製品を全35戸に採用すると発表した。

エネファームは、都市ガスで発電しその際に生じる熱で、給湯するシステムで、発電時の熱を有効活用するため、火力発電所からの電気と都市ガス給湯器からの給湯を行う方式と比べ、CO2排出量を約49%、一次エネルギー消費量を約37%削減できる。同社は、これにより年間光熱費を約4万円節約でき、年間CO2排出量を約1.0トン削減できるとしている。

(※全文:449文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.