> > 東京・石神井公園の分譲マンション、エネファームを全戸搭載 CO2排出約半分

東京・石神井公園の分譲マンション、エネファームを全戸搭載 CO2排出約半分

記事を保存
東京・石神井公園の分譲マンション、エネファームを全戸搭載 CO2排出約半分

サンケイビルは、同社の分譲マンション「ルフォン石神井公園」(竣工予定は2015年5月末)に、東京ガスのマンション向け家庭用燃料電池(エネファーム)を全35戸に採用すると発表した。

エネファームは、都市ガスで発電し、その際に生じる熱で給湯するシステム。発電時の熱を有効活用するため、火力発電所からの電気と都市ガス給湯器からの給湯を使った場合に比べ、CO2排出量を約49%、一次エネルギー消費量を約37%削減できる。同社は、これにより年間光熱費を約4万円節約でき、年間CO2排出量を約1.0トン削減できるとしている。

建物

建物 完成イメージ

同マンションは、その他エネファームでの発電量が一目で確認できる「エネルックリモコン」の搭載や、MEMS(マンションエネルギーマネジメントシステム)による省エネルギー支援、断熱性に優れた復層ガラスの使用、災害設備の各戸への設置など、環境配慮型のマンションとしての特性を備え、経産省のスマートマンション評価制度で2つ星を取得している。販売代理は、三菱地所レジデンスが行う(10月下旬販売開始)。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.