> > 横浜港を「スマート化」 LEDヤード照明の導入試験で省エネ化・より明るく

横浜港を「スマート化」 LEDヤード照明の導入試験で省エネ化・より明るく

記事を保存
横浜港を「スマート化」 LEDヤード照明の導入試験で省エネ化・より明るく

横浜市港湾局では、横浜港の埠頭に導入予定の省エネ型ヤード照明に関する実地実験を、10月3日より行っている。

同市は、横浜港の「港のスマート化」に関する検討を、国土交通省関東地方整備局、港湾事業者、横浜港埠頭株式会社(横浜市中区)と共同で進めており、「省エネ型ヤード照明の導入」に関する検討は、横浜港埠頭が実施する。

同実地試験は、3種類の省エネ型ヤード照明の「性能」と「印象」を調査する目的で行われた。これらの照明器具は、これまで埠頭の屋外照明としては本格的に採用された実績はない。

また、今回調査対象となった3種類の省エネ型ヤード照明は、従来から採用されている「高圧ナトリウム灯」とは光の質は異なるが、消費電力が少なく(4~5割減)、耐久寿命も4倍から5倍(50,000~64,000時間、LEDの場合)と、高い省エネ効果が期待できる。試験に使用された照明器具は下記のとおり。

01.高反射型高圧ナトリウム灯

従来と同じ高圧ナトリウム灯と高反射投光器を組み合わせた、省エネタイプの照明。

02.LED(白色)

発光色が白色のLED照明(一般的なLED照明と同じ光色)。

03.LED(黄白色)

発光色が高圧ナトリウム灯に近い黄白色のLED照明。

これらの省エネ型ヤード照明を高さ約35メートルの照明鉄塔に設置し、同一の条件下において照度や消費電力等の測定し、性能について調べたところ、いずれの照明も必要な照度が確保され、省エネルギー効果が確認できた。

また、同時に明るさ、まぶしさ、光の色、模擬荷役作業環境における見やすさなどについて、港湾関係者の協力によるアンケート方式による印象調査を行ったところ、「省エネ効果がありつつ、従来のナトリウム灯と変わらない明るさ」「白線やコンテナの文字などが見やすい」など、各照明の種類ごとに、港の利用者からの様々な意見が寄せられた。

同試験は、天候による見やすさの変化や、照明器具の耐久性についても確認するため、今後も継続して行われる。

「港のスマート化」イメージ

「港のスマート化」では、(1)エネルギー利用の効率化、(2)低炭素化、(3)災害時等における事業継続性(BCP)の確保、を目指し、港におけるエネルギーマネジメントの構築を検討しています。

同港が目指す「港のスマート化」では、エネルギー利用の効率化、低炭素化、災害時等における事業継続性の確保を目指し、港におけるエネルギーマネジメントの構築を検討する。

【参考】
横浜市港湾局 - 国内初「省エネ型ヤード照明」実地試験を開始しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.