> > 九州の「水前寺海苔」から高性能凝集剤を開発 濁水をすばやくきれいに

九州の「水前寺海苔」から高性能凝集剤を開発 濁水をすばやくきれいに

 印刷 記事を保存

鹿島は、淡水産ラン藻(水前寺海苔)などの植物由来天然ポリマーと三価鉄溶液を用いた、環境にやさしく高性能な濁水処理用の凝集剤「K-FAST」を開発した。

この凝集剤は天然材料で、周辺水域環境への負荷が極めて小さい上、従来の凝集剤に比べて凝集効果が高いため、安全な水中作業環境の確保や濁水処理効率の向上が期待できる。同社は今後、原料となる水前寺海苔の安定的な供給体制を構築し、周辺水域の環境負荷が懸念される工事へ積極的に提案していく方針。

「K-FAST」は、水前寺海苔を建設分野へ初めて応用したもの。同社は2011年より水前寺海苔の培養技術研究を進めてきたが、その保水性・吸着性に着目し、凝集剤としての開発を開始した。

(※全文:1,042文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.