> > 活性炭×油分解菌の油汚染土壌の浄化法 CO2排出量7割減・コストも半減

活性炭×油分解菌の油汚染土壌の浄化法 CO2排出量7割減・コストも半減

 印刷 記事を保存

大和ハウス工業と立命館大学は、鉱物油で汚染された土壌の対策工法として、日本で初めて活性炭とバイオ(油分解菌)を組み合わせた「オイルバクット(OIL BACT)工法」を開発した。

同工法は、ガソリンスタンド跡地や工場跡地等の油で汚染された土壌に活性炭とバイオを加えて混合することで、油臭・油膜を1時間で解消した上で油を分解することができる。通常の油汚染土壌対策として利用される「土壌入れ替え」と比較した場合、油で汚染された土壌の運搬や焼却処理が不要のため、コストを約50%削減できるとともに、CO2排出量は約70%低減する。

(※全文:1,151文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.