> > 再エネの接続可能量、拡大施策4つ 出力抑制ルールの見直しは要チェック!

再エネの接続可能量、拡大施策4つ 出力抑制ルールの見直しは要チェック!

 印刷 記事を保存

経済産業省が電力会社による再エネ接続保留問題を検証するために設置した「系統ワーキンググループ(WG)」は、30日、第二回の委員会を開催した。

今回、事務局は、再生可能エネルギーの接続可能量の算定に関する基本的考え方(案)として、第一回委員会の議論を踏まえた見直しと接続可能量の拡大方策を示した。

接続可能量の拡大方策としては、(1)出力抑制ルールの見直し(時間単位の出力抑制)、(2)出力抑制ルールの見直し(出力抑制日数の拡大、対象範囲の拡大等)、(3)蓄電池の設置・運用システムの開発、(4)地域間連系線の活用・増設、が提示された。

時間単位の出力抑制

時間単位の出力抑制の見直しでは、現在、日数管理で年間最大30日となっているものを、時間単位で管理し、きめ細かな出力抑制(一部出力の抑制)を可能とすることで、接続可能な再エネの容量(kW)を増加させる。

(※全文:1,218文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.