> > 平米あたり1万円以下の外断熱工法が好調 空調コストを低減

平米あたり1万円以下の外断熱工法が好調 空調コストを低減

記事を保存
平米あたり1万円以下の外断熱工法が好調 空調コストを低減

外断熱工法の販売・施工業の東邦レオは、同社の外断熱工法「エコサーム」の売れ行きが好調なため、今年1年の施工面積を、過去5年間の累計施工面積の約5割増(前年比は116.5%)で見込んでいると発表した。これは、発売当時(平成21年度)の年間売り上げの14倍にあたる。

「エコサーム」は魔法瓶のように断熱材で建物を包む外断熱工法で、同社では病院・福祉施設・オフィスビル・住宅など、開発から5年間で約1,600件、165,000平方メートルの施工実績をもつ。今年度は、改修ニーズを取り込みRC造(鉄筋コンクリート構造)の建築物において80,000平方メートルの施工を目指す。

外断熱工法「エコサーム」は昨年、今年の実績が好調だ

外断熱工法「エコサーム」は昨年、今年の実績が好調だ

同社では、外断熱の高性能と低コストを両立させるため、材料調達・製造・流通・施工のなど全工程を見直し、自社の従来工法と比べて4割減となる9,800円(1平方メートル当たり)を実現する工法を5年前に開発し、平成21年から販売を開始した。

同工法は、樹脂系モルタル接着材を使用し、断熱材と躯体を接着し、断熱材表面をガラスメッシュとベースモルタルで被覆、表面を左官で仕上げる工法。耐火構造2時間認定の取得や、JIS規格(A6909)の16倍にあたる耐候試験の実施により、耐久性能も確認している。

また、経年劣化による外装タイルの落下防止に対応するため、外壁剥落防止に有効な「ピンネット工法」と外断熱「エコサーム」を組み合わせた外壁補修技術も開発し、安全・省エネ・外装デザインなど多様なニーズに対応する。

外壁剥落防止に有効な「ピンネット工法」で外壁に取り付ける

外壁剥落防止に有効な「ピンネット工法」で外壁に取り付ける

同社は、2年後には同工法を主体とした外断熱事業全体で18億の売上げを目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.