> > 東北被災3県のスマートコミュニティ構築支援事業8件 学校へのBEMS導入など

東北被災3県のスマートコミュニティ構築支援事業8件 学校へのBEMS導入など

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、東北被災3県で実施される「スマートコミュニティ導入促進事業」の補助金交付先5件、「スマートエネルギーシステム導入促進事業」の補助金交付先3件を決定した。

「スマートコミュニティ導入促進事業」には、岩手県釜石市で実施される5件が採択された。具体的には、学校・公共施設等へのBEMS導入事業(釜石市)、生活応援センターへのEV導入事業(釜石市)、大規模エネルギー供給事業(東京センチュリーリース/富士グリーンパワー)、エコ漁港、エコ水産加工事業(釜石流通団地水産加工業協同組合)、地域エネルギー管理事業(釜石瓦斯)。()内は補助事業者。

「スマートエネルギーシステム導入促進事業」は、宮城県黒川郡大郷町における羽生の丘・オーベルジュ スマートエネルギー事業(医療法人社団 俊香会)、宮城県仙台市における老人保健施設ソアーズ スマートエネルギー活用防災拠点構築事業(医療法人社団 誠英会)、福島県南相馬市における生活介護・援助施設「ともに」兼、福祉避難所「ともに」スマートエネルギーシステム事業(特定非営利活動法人あさがお)が採択された。()内は補助事業者。

【参考】
NEPC - スマートコミュニティ導入促進事業費補助金に係わる補助事業者の決定について
NEPC - スマートエネルギーシステム導入促進事業費補助金に係わる補助事業者の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.