> > 日本政策投資銀行、商業施設向けの「DBJ Green Building認証」を新設

日本政策投資銀行、商業施設向けの「DBJ Green Building認証」を新設

記事を保存
日本政策投資銀行、商業施設向けの「DBJ Green Building認証」を新設

日本政策投資銀行(DBJ)は、これまではオフィスビルや物流施設を保有する事業者が対象であったDBJ Green Building認証について、新たに商業施設向け認証を新設した。

その第一号案件として、三井不動産が保有する商業施設「三井ショッピングパークららぽーと柏の葉」「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」「三井ショッピングパークららテラス武蔵小杉」が認証された。また、日本土地建物およびアクティビア・プロパティーズ投資法人が共同で保有する「大崎ウィズタワー」がオフィスビル向けDBJ Green Buildingとして認証された。

三井不動産の保有する三つの商業施設「三井ショッピングパークららぽーと柏の葉、TOKYO-BAY、ららテラス武蔵小杉」は、以下の点で評価された。

  1. 太陽光発電装置、館内でのLED照明採用やエリアエネルギー管理システム(AEMS)を導入して国内最先端の環境技術を駆使している点。
  2. 年に複数回エコイベントや震災復興イベントの開催して地域のコミュニティづくりに大きく貢献している点。
  3. 他に施設従業員向けの講習(外国語講座、カラー講座、マナー講座など)に加えて、接客ロールプレイングコンテストや従業員表彰制度(ららスター制度)を設け、商業施設の魅力を高める取り組みを実施している点。

これらの結果「三井ショッピングパークららぽーと柏の葉」と「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」については、「国内トップクラスの卓越した“環境・社会への配慮”がなされたビル」として、また「三井ショッピングパーク ららテラス武蔵小杉」については、「極めて優れた“環境・社会への配慮”がなされたビル」として、ぞれぞれ認証を付与された。

日本土地建物およびアクティビア・プロパティーズ投資法人が共同で保有する「大崎ウィズタワー」は以下の点で評価された。

大崎ウィズタワー

大崎ウィズタワー

  1. 専有部全体にLED照明を採用するほか、BEMSを導入することで、エネルギー効率の高いビル運営を実現している点。
  2. 制振装置を備えることで優れた耐震性能を確保する等、防災に関する先進的な取り組みがなされている点。
  3. 各種イベントの開催にも利用可能な大規模なミーティングスペースを設けることで、周辺地域のコミュニティ形成に貢献している点。

これらの結果、同タワーは「国内トップクラスの卓越した“環境・社会への配慮”がなされたビル」として認証を付与された。

DBJ Green Building認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(「Green Building」)を支援するために、平成23年4月に日本政策投資銀行(DBJ)が創設した認証制度のこと。

今後、同認証は、オフィスビルや物流施設に加えて、商業施設を保有・運営する不動産事業者のサステイナビリティ向上にかかる取り組みについても積極的に支援していく構えを見せる。

【参考】
DBJ - DBJ Green Building認証の商業施設版の運用を開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.