> > 遺伝子検査で「優良苗」をロボットで選別 植物工場の自動移植システム

遺伝子検査で「優良苗」をロボットで選別 植物工場の自動移植システム

 印刷 記事を保存

椿本チエイン(大阪市)は、大阪府立大学と共同で、植物工場の「優良苗選別自動化システム」を開発した。このシステムは、「検査ロボット」が同大学の時計遺伝子診断技術を用い、緑化段階の小さな苗の活性状態を診断し、一度に600個の野菜苗の優良度を検査する。すべての苗の判定結果は記録用ICタグに書き込まれ、この結果による優良苗を、同社開発による「自動移植機」で育苗パネルに植え替える。

同システムは、2014年9月に竣工した同大学の「グリーンクロックス新世代(GCN)植物工場」に納入された。同工場は完全人工光型植物工場として、レタスなどの葉物野菜を日産5,000株栽培し、10月から野菜の販売を開始した。

(※全文:496文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.