> > 燃料電池の低コスト化に一歩前進 新開発、安価・調達容易な白金フリー触媒

燃料電池の低コスト化に一歩前進 新開発、安価・調達容易な白金フリー触媒

 印刷 記事を保存

帝人は、11日、白金を使わず、安価で容易に調達できる燃料電池触媒「カーボンアロイ触媒(CAC)」を開発したと発表した。

今後は、CACのさらなる高性能化や耐久性向上を図るとともに、燃料電池として実用に耐え得る特性の発現に注力し、2025年までの実用化を目指す。

同社は燃料電池車の普及に必須となる燃料電池の低コスト化と安定供給を実現するために、CACを開発した。このCACは、炭素繊維の原料でもあるPAN(ポリアクリロニトリル)と鉄を原料とする非白金触媒。

(※全文:736文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.