> > 小型&低コストの上水道施設向け小水力発電システム 富山で実証実験へ

小型&低コストの上水道施設向け小水力発電システム 富山で実証実験へ

 印刷 記事を保存

ダイキン工業は、上水道施設の水流エネルギーを利用して発電する縦型管水路用マイクロ水力発電システムを開発した。本システムは、従来の横型マイクロ水力発電システムと比べ、設置面積が1/2で、導入コストも大幅に削減できる。

11月19日より、富山県南砺市に開設する森清配水池小水力発電所にて本システムの実証実験を開始する。本実証事業は、温室効果ガスの削減と、地球温暖化対策の強化を目的として環境省が実施する「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されて実施する。

同社は、空調・油圧機器の省エネ商品開発で培った技術を応用することで、「小型軽量設計」「高い発電能力」「低コスト」を特長とする本システムを開発した。

(※全文:1,057文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.