> > 次世代自動車向け「円弧動エンジン」 引き続き共同開発企業を募集中

次世代自動車向け「円弧動エンジン」 引き続き共同開発企業を募集中

記事を保存
次世代自動車向け「円弧動エンジン」 引き続き共同開発企業を募集中

日本ソフトウェアアプローチは、「次世代自動車エンジン(円弧動エンジン)」を共同開発する連携企業を募集している。開発するエンジンは、排気量1080ccで重量13.9キログラム、2017年3月の完成を目指す。

円弧動エンジンは、軽量でコンパクトな設計により、エンジンや車体の軽量化で燃費が良くなり、車体コストも低減にもつながる。小型から超大型まで制作可能なので、用途はバイク、乗用車から小型船舶や飛行機など多様だ。

「円弧動エンジン」のしくみ

なお、同社は埼玉県産業労働部産業支援課の協力を受け、次世代自動車支援センター(埼玉県)に同エンジンの動作試験機(排気量250ccで重量2キログラム)の常設展示を開始した。同センターでは新エンジンに実際に触れ、その動作や軽量さ・コンパクトさを体感することができる。

同社は、共同開発社について、
全ての権利を共同開発社が平等に帰属すること、また、世界規模の企業を目指す野心的な企業や、資金面で開発支援できる協賛企業(権利は共同開発社と同等)を求めている。同社は、この共同開発を新連携アベニュー(中小企業庁:中小企業新事業活動促進法に基づく異分野連携新事業)により実施する。

「円弧動エンジン」動作アニメーション

「円弧動エンジン」動作アニメーション

【参考】
新開発「円弧動エンジン」、燃費1/3、重量10%以下 開発元が提携企業募集中(2013/12/9)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.